手汗を抑える方法と精神ケア

手汗を抑える方法と精神ケアとの関係を説明しています
MENU

手汗を抑える方法と精神ケア

手汗の対策にはまずはその原因を知る事が大切です。
手に大量の汗をかくと、色々な場面で苦労されることが多いのではないでしょうか。
握手する時、恋人と急に手をつなぐ時。

 

 

その主な原因が「肥満」「ストレス」「精神面」と言われています。

 

肥満の方は、皮下脂肪や内臓脂肪、が原因となり、
放熱がしにくいと言われています。

 

人は恒温動物であり、体温を一点に保つような動物であります。
運動をしたり、病気になればその温度を元に戻そうとするために汗をかきます。

 

興奮した時も同じです。体が火照り体温が上昇することで、
元に戻そうとするために汗をかきます。

 

 

これが肥満の人だと、放熱しにくいので余計に汗をかく必要があるということで、
手汗についても同じことが当てはまります。

 

次はストレスです。現代人は常にストレスを抱えながら生活しているといっても
過言ではないでしょう。

 

生活環境、家庭環境、職場の問題、これらのストレスによって、
交感神経が過敏になることで、手汗をかきます。
手汗対策として、少しでもストレスのない生活をおくりたいものです。

 

 

最後が精神面です。
人は緊張したり、ハラハラドキドキすると汗をかきます。
このように精神面からくるプレッシャーでかく汗を精神性発汗と呼びます。

 

精神面が弱い人に多い症状です。
どちらかというと、生真面目で几帳面な性格の人に多いです。
メンタルケアしなければ根本の対策にはならないでしょう。

 

手汗を書く原因はさまざまですが、
できることから改善していくことが大切です。

このページの先頭へ