手汗を抑える方法と精神ケア

手汗を抑える方法と精神ケアとの関係を説明しています
MENU

手汗を抑える方法と精神ケア

手汗の対策にはまずはその原因を知る事が大切です。
手に大量の汗をかくと、色々な場面で苦労されることが多いのではないでしょうか。
握手する時、恋人と急に手をつなぐ時。

 

 

その主な原因が「肥満」「ストレス」「精神面」と言われています。

 

肥満の方は、皮下脂肪や内臓脂肪、が原因となり、
放熱がしにくいと言われています。
人は恒温動物であり、体温を一点に保つような動物であります。
運動をしたり、病気になればその温度を元に戻そうとするために汗をかきます。

 

興奮した時も同じです。体が火照り体温が上昇することで、
元に戻そうとするために汗をかきます。
これが肥満の人だと、放熱しにくいので余計に汗をかく必要があるということで、
手汗についても同じことが当てはまります。

 

 

次はストレスです。現代人は常にストレスを抱えながら生活しているといっても
過言ではないでしょう。
生活環境、家庭環境、職場の問題、これらのストレスによって、
交感神経が過敏になることで、手汗をかきます。
手汗対策として、少しでもストレスのない生活をおくりたいものです。

 

 

最後が精神面です。
人は緊張したり、ハラハラドキドキすると汗をかきます。
このように精神面からくるプレッシャーでかく汗を精神性発汗と呼びます。

 

精神面が弱い人に多い症状です。
どちらかというと、生真面目で几帳面な性格の人に多いです。
メンタルケアしなければ根本の対策にはならないでしょう。

 

 

手汗を書く原因はさまざまですが、できることから改善していくことが大切です。

手汗改善には生活習慣の改善

手汗は自律神経の失調が大きな原因とされていますから、生活習慣の改善で
手汗改善を図るのも効果があるようです。
すなわち交感神経と副交感神経のバラスの乱れを生活習慣の改善で治すことです。

 

ストレスや睡眠不足では交感神経が過敏に働く状態が続きますし、
不規則な生活で自律神経のバランスが崩れると発汗現象が起きやすくなります。

 

 

まずは手汗をきにしないようにする

生活習慣の改善の前に、まずは手汗を気にし過ぎないようにしましょう。
手汗を気にし過ぎると、それがかえってストレスや緊張になり、
交感神経を刺激して汗が増える悪循環になることがあります。

 

ストレスとじょうずに付き合う

ストレスとじょうずに付き合うということは、何事にも楽観的になることで、
さらにストレスになりそうなことを右から左へ受け流すことです。
そうすれば過剰に神経質にならないのでストレスが溜まらないでしょう。
ストレスが溜まらないと自律神経のバランスは正常に保つことができます。

 

生活リズムを根底から見直す

手汗の原因となるような不規則な生活リズムを根底から見直すことで、
ストレスは溜まりにくくなりますから自律神経が乱れることが無くなります。
それには規則正しく十分な睡眠をとることと、軽い運動を定期的に行うことです。
そして食生活でも脂気と辛い物を食べるのを減らして、バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

生活習慣病にならないような食事を摂ることで手汗がでるのは改善されるでしょう。
そして睡眠をきちんと摂り夜更かしなどをしないようにして、ウォーキングなどで心地良い汗をかいていれば、
自然と自律神経の乱れが改善されて、結果的には手汗をかかないような体質になるでしょう。
脇の汗を止める

更新履歴
このページの先頭へ